のんびり子育て中。 でもジャニヲタもやめられません^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/8

9:00産院へ。
内診の結果、子宮口がまだ開いてないため子宮にメトロというゴム風船のようなものを投入。
(子宮口が5cm程度開いたら風船がスルっと抜けて充分に開いたということになる。)

10:15薬投与開始。子宮の入口を柔らかくして開きやすくする薬で、1時間に1錠ずつ内服する。
お腹に胎児の心音を計測するのとワタクシのお腹の張りを計測する分娩監視装置をつける。
お腹の張りは某仮装大賞の点数メーターみたいに張りが大きくなると高くなって「おぉ合格だわー!」みたいに楽しんでました。
最初はね(苦笑)。

11:00すぎにトイレへ。
なんだかお漏らしのような感覚・・・あれ?破水??
ナースコールしてみる。
どうやら風船の水が漏れた様子。(たまに不良品があるらしい)(って今思えばそんなんでいいの?的なね)
しかし内診してもらうと、水が漏れたと同時に風船も出てきた(=子宮口が開いた)ので錠剤から点滴に変更。
子宮を収縮させる(陣痛を強める)作用があるらしい。

12:00頃、お昼ご飯。
しょう油ラーメン、おにぎり、他。ぺろっとたいらげる。
ここでたいらげておいてよかった的なね。
たったんもお昼ごはんを食べに家(ワタクシの実家)に帰ったり、
これから長い時間の勝負なので腹ごしらえになるものを買ってきてくれたりしてくれて、感謝。

30分ごとに点滴の量を多くする。

しばらくは「あ、また合格した・・・」と余裕だったものの
だんだんお腹の張り(=陣痛)がひどくなる。
張るたびに叫ぶようになる。
気づいたらもう叫ぶか寝るかしかできない状況。
寝るというか気を失ってるというかね(大げさかしら)。
もう辛すぎて限界で帝王切開にしてほしいと助産師さんや先生に懇願する。(たったんに代弁してもらって)
しかし科学的理由がないから、とかうまく言いくるめられる。
それでもワタクシは陣痛のたびに叫ぶ。
息を吐く時に「フー」と声を出すように言われたがとても「フー」なんて言える状況じゃなくて
「ふぉぉぉ~~@?◎△※◆□×#っっ!!」みたいな叫びになってて(苦笑)。
しかも叫びながらたったんの手(というか指)を力の限り握っていたから
指折れるんじゃね?とか思いつつ、でも力の加減をする余裕もなく(苦笑)。
でもまだ子宮口は全開にならない。
とりあえず当初の予定でもあり、ワタクシの叫びがひどいのもあって
16:30頃点滴を中止。
陣痛はちょっと落ちつく。
痛いのは痛かったが、叫ぶ声も少しおとなしくなる。

18:00頃かな。
晩御飯は食べる余裕がなくて、たったんが買ってきてくれた飲むゼリーをいただく。
(ワタクシはたっぷり食べたつもりだったが後で聞いたところ一口くらいしか食べてなかったらしい。)

なんだかまた陣痛がひどくなり叫ぶようになる。

相方Mちゃんが来てくれたようだが全然会える状況ではなく、たったんにちょっと会ってもらう。

ワタクシの母も来てくれたが言われたことに「うん」と首を振ることでしか応えられない。
「ふぅぅおぉぉ~ぎゃぁぁぁっ!!」って感じの叫びになり
もうこの頃には痛みMAX。
ただ、点滴してた頃の痛みとはちょっと違う気がしていた。

19:30頃、母帰る。
20:00頃助産師さん登場。(ってそれまでも何度か登場してるんだけど)
たったんに、これからまだ長時間の戦いだから晩御飯食べるようにと。
その間とりあえず内診してみることに。

「あー・・・ゆうゆうさん、お産だわ・・・」

はぁっ?

たったんもまだ食べ始めたばかりでびっくり。
ワタクシももちろんびっくり。
まだまだ長時間って雰囲気だったし、
点滴の時の方が痛みが強かったからまだ痛くなるんじゃないか?って思ってたからねぇ。


そして、それまでにいた陣痛室から隣の分娩室へ移動。歩いて。
よろよろしながら歩いて行き、分娩台に上るのがまた一苦労。
手をついたまましばらく動けなかったりして。(しばらくじゃないのかもしれないけど)

たったんも(不本意ながら・笑)立会いのもと分娩開始。
よく雑誌とかでは分娩台に上ってからもいきみを逃すとか見てたつもりだったんだけど
ワタクシの場合はすぐにいきむように言われて。
「はーい(いきみが)上手だよー」とか「頭見えてきたよー」とか「髪の毛見えてきたよー」とか言われて。
ワタクシ自身もなんだかいきみを逃してるより楽だなーとか一瞬考えてみたりして(苦笑)。
そうしてるうちに、吸引だったのかね?一気に出てきた感じ。
「あー終わった・・・」
放心状態ではあったけど、ワタクシの感想は正直こんなんで。
もう陣痛終わったんだーって。
むしろ横にいたたったんが「頑張ったね・・・ほんっとに頑張ったね・・・」と目をウルウルさせる。

美寿多がワタクシの胸元にやってくる。

・・・こんなのがお腹にいたんだなー。
泣いてるわー。

それから美寿多が洗われてたり、胎盤を出したり縫合をしてる間にたったんが両親などに連絡。
この縫合が痛いのなんのって。
陣痛より痛いんじゃないの?ってぐらい(苦笑)。

ちょっと遅い時間だったので駆けつけた両親も分娩室に入ることを許されたようで。
ワタクシは分娩台に乗ったままだったから動けなかったけど、
たったんや母は美寿多を抱っこしたみたい。
頭の形が微妙に斜めにとがってて大丈夫なんだろうか?という感じだったみたいだけど・・・。
ま、生まれてすぐの頭は柔らかいからね。
っていうかきっと母がいるうちから子宮口全開だったような気もするんだけど。
母が帰ってからすぐのお産だったので両親もこれまたびっくりしたらしい。(そりゃそうだ)

そして両親が帰って、ワタクシもようやく動けるようになって、隣の陣痛室に戻り。
(美寿多は詰め所で預かってくれる)
食べ損ねた晩御飯を食べる。食べる。食べる。←ほんとにそんな感じで食べた
気が抜けたのかお腹がすいた感じだったのね。

そして22時か23時頃たったんも帰り、ワタクシも寝ることに。

が。

興奮したのかなかなか眠れず、携帯から某コミュニティサイトで報告してみたりする。
(当日に更新したからかなり驚かれた)


こんな感じで長いだけであんまりちゃんとしたドキュメントではないけど
一応出産の記録ということで覚えてる限りを記載してみました。
陣痛の最中は痛くて痛くてほんとに産むのがイヤになったけど
終わってみればあっという間というか、あれよあれよという間に終わったという感じかなぁ。
もう二度とイヤだ・・・とまでは言わないけど、しばらくはいいかな(苦笑)。

途中、あまりの痛さに叫ぶワタクシに助産士さんがお腹をさすりながら
「こんなに大きなお腹で安心だわぁ。さっき産まれた赤ちゃんはとっても小さかったの・・・。」とかいろいろ優しく励ましてくれて普段だったらたぶん泣いてたかも。

ちなみに分娩時間は10時間半と母子手帳に書いてある。
分娩室入ってからは30分で産まれたんだからすごいよねぇ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。