のんびり子育て中。 でもジャニヲタもやめられません^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はもう6日ですか。


遅くなりましたが、今年もこのネガティブ育児日記(苦笑)をよろしくお願いいたします。




そうですね、最近のネガティブなことは


カンスケが便秘になってしまったことですかね。


これまでは快便だったのですが、離乳食を始めてからかなぁ?2回食にしてからかなぁ?


2~3日に一度になってしまいました。


そしてこの年末年始、ワタクシの実家にて。


なんか今まで聞いたことない叫び声をあげるものだからびっくりして・・・。


おむつを開放すると、泣き叫びながらにょろにょろ・・・(汚くてすいません)とね。


そう、12月も2~3日に一度といってもかなり固いモノが出ていたんですよね。


で、ちょっと血らしきものも一緒に出てたから、これは切れてる?切れてるから痛くて泣き叫んでる?と思って、


元日から救急病院へ行ってみることに。




電話してから行ったものの着いてみると明らかにカンスケなんぞよりぐったりしてる赤ちゃんやお年寄りの方々ばかりで、当のカンスケは機嫌よくニッコニコ。


かなーり場違いな事に気づいたワタクシ達夫婦。


逆に風邪とか移されたらかなわんなーと思って、やっぱり帰ろうかと本気で話し合っていたら呼ばれまして。


若い先生だったんだけどこの若造がさっ(怒)。


うちのダンナが、「あまりにも辛そうなんで、下剤的なものもらえませんか?」と下手に出て言ったものなら辞書らしきモノをペラペラさせながら(でも読んではいない)「7ヶ月の子に出せる下剤なんてありませんよ(嘲笑)」みたいなね?


「とにかく水分補給ですよ水分補給」・・・たしかにその通りなんですわ。で、一応わからないだろうとは思ったけど離乳食についても聞いてみたらあっさり「そのまま与えていいですよ?」って。


あとはじゃーとりあえず切れてるかどうか見てみますね、っておむつ取ってみたんだけど、切れてる様子がないからもっと中の方で何かおこってるんじゃないですか?これ以上はわかんないやボク。・・・みたいなね?(わかんないやボクとは言ってないですけどね)


で、そんな会話をしていたところ、後ろで看護婦さんが薬について調べてくれたみたいで、結局6ヶ月からOKな薬があったらしいんですよ。あ、それ大丈夫なのー?みたいな感じで「あーあったみたいですねー!じゃーそれ出しますわ!」って実に軽く言ってのけて。




なんかさ、何科の若造先生かしらないけど、


わからないならわからないでしかたないから、とりあえずの応急処置してみて、もしまた何かあったら小児科に行ってみて下さい、とか言えばいいものを、


この若造、わからないのに偉そうな態度だからなーんかムカついたわ。


たしかに他のぐったりしてる赤ちゃん達に比べたら、便秘なんて軽いモノだと思うのかもしれないけどさ(うちらも場違いかなとは思ったけどさ)。


でも「こんなことで救急に来ないでよー」ってのが見え見えで、ほんと感じ悪かったなぁ。


そっちからみたらこんなことかもしれないけど、こっちからしたら早く診て!って行ってるんだからさー。




・・・こんな感じです。




結局その下剤飲ませているのだけど、昨日はものっすごい量のモノを出してくれました。


まだ快便とは言えないけど、お腹の中にたまってるよりいいよね。




っていうかさーちゃんとさつまいもとか果物とか食べさせてたんだけどなー。


水分不足だったのかなぁ。






あ、長かった(笑)。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。