のんびり子育て中。 でもジャニヲタもやめられません^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だいぶ笑顔の出てきたサーコです。

まだ37度後半~38度前半の微熱を繰り返していますが
ちょっと前まで毎日座薬を使って熱を下げていたのですから
座薬を使っていないこの数日は調子がよくなってきたといってもいいのかな、なんて。

もう座って食事をするのはもちろん
私の歌に合わせて手拍子するし
いないいないばあもやるし
それより何より笑顔が増えたってのがホントに嬉しくてならないです。

憎いあいつ(=ばい菌)の数もだんだん少なくなり
水分も口からとれるようになって、おしっこの量も増えてきたので
常時していた点滴もはずれました。
まだ抗生剤を投与するので手の甲に針はささったままですが。

というわけで行動範囲を広げてもいいよ!と許可が出たようなもので(笑)、
早速病室を飛び出しお散歩開始。(withダンナ)

しかし。

立たせるとつかまって立てるものの、自分では立ち上がれない。
歩こうとしても足元がフラフラして数歩でダウン。
おそらくハイハイの存在をあまり覚えていないからか
ほとんどその場から動けない。

サーコの頭の中では自分は走り回れるもんだと思っていたようですが
実際は2週間以上もずーっと歩かない生活だったので
思ったように動けずもどかしいみたいです(ダンナ談)。

この話を聞いて正直、やっぱり脳にダメージが??とも思ったのですけど
2週間も歩かなかったら大人だってすぐには歩けないですよね?ね?

これからはどんどん歩くぞ~!!


そしてカンスケ。

今日から1週間、私の実家の母が来てくれてるのですが
サーコが入院してすぐに実家で預かってもらったせいか
また預けられてしまうのではないか不安になってるみたいです。
しかも、私とダンナ、どちらかがサーコについてお泊まりしてるので
家では常に片親、しかも慌しくしてる。
毎日病院。
病院は広いから走りたいし、病室には珍しいものもあるから触りたいし
でもそうするといつも怒られるし。
いっぱい我慢して。

3歳のカンスケにはそろそろ限界なのかもしれません。

でもサーコが退院するまではどうしてもこの生活が続くわけで。

なのでとりあえず今週は母に甘えさせてもらって
家ではカンスケについてあげようと思います。

今週は私もダンナもちょっと休憩できるかな??
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。